• トップ

LINEで送る

矯正歯科のプロフェッショナル

歯科矯正

矯正治療は、歯科治療の中で特別な知識や技術を必要とする分野ですが、法律的には歯科医師であれば誰でも、矯正歯科の看板を掲げて治療をおこなってよいことになっています。患者の立場では、その医師が矯正歯科として実績があるかどうかを判断するのはなかなか難しいことです。そのような時に判断の基準として確認したいことに、矯正治療の認定医や専門医の資格を持っているかということがあります。認定医は矯正歯科として最も基本的な資格で、なるためには、歯科医師免許を取得して5年以上学会に所属し、所定の研修を修了し、指定された学術雑誌に矯正歯科臨床に対する報告を発表することが必要です。資格の取得者は、歯科医師全体の約15%です。専門医は治療技術の優秀性を証明する資格で、なるための条件としては、認定医となっていること、10年以上学会に所属していることが挙げられ、さらに指定の症例を実際に治療して報告し、一定のレベルに達していると判断されることが求められます。専門医の割合は全体の1,5%とさらに少なく、難関となっています。資格を取得するということは、矯正治療に真摯に向き合って研鑽していることであり、安心して治療を受けられることにつながります。

 

↑PAGE TOP