LINEで送る

矯正歯科医、認定医の資格とは

歯科矯正

矯正の治療は、専門的な知識と技術が必要となります。そのため、矯正医になるためには、歯科大学のみで学ぶ範囲では不樹分です。大学を卒業後に専門技術を学ぶのが一般的です。歯科医師の免許があれば、誰でも矯正歯科を開くことができるため、技術の高い信頼できる矯医のいるクリニックに行くことが患者さんにとっては大切なポイントです。医師の技術力を判断する基準のひとつには、資格があります。専門医、認定医、指導医などがあげられます。認定医は、矯正の研修期間などの一定条件を満たした医師が、書類審査などで認定される資格です。矯正医としては必要最低限のレベルにあるということが判断できます。対して、専門医は、医師が実際に今まで治療を行った患者さんの症例を学会等の震災が診査を行い、合格した場合に得られる資格で、合格をするためには豊富な治療経験と、高度な知識や技術が必要とされます。資格は、幾つかの団体が発行しており、認定医は日本矯正歯科瓦解、日本成人矯正歯科学会が発行しています。厚生省の指導のもと、三団体が競技を行って統一的な専門医制度の検討を行っています。腕の良い矯正医かどうかを判断する基準のひとつとして、認定医や専門医の資格をもっているかどうかを調べてみると良いでしょう。

 

↑PAGE TOP